2006年02月03日

父の帰天・・・

20060203185246.jpg

2月3日金曜日午前4時42分
父が帰天いたしました。

皆様に支えていただきまして本当にありがとうございました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

本日通夜を無事済ませ、明日最後のお別れをします。

父の安らかな顔を胸に刻み、これから生きていきたいと思います。

                       
                       
posted by ぶげまま | Comment(28) | TrackBack(0) | 愛するもの
この記事へのコメント
お父様のご冥福をお祈りします。
ご家族に見送られて心安らかに天に召されたことと思います。
これからは最愛の娘さんをお守り下さるのでしょうね。

「ぶげっち、お疲れ様。」
Posted by パト at 2006年02月03日 23:14
ぶげままさん、こんばんは。

大丈夫?
ここ数日アップがなかったので、心配してました。
私もかわらず痛みが酷く、ロムするだけで全然コメントできてなくて、心配してくれてたのに無礼な事でごめんなさいm(__)m

素敵な「寅さん」パパ…
安らかなお顔の旅立ちだったようなので、少し安心しました。

何より、ぶげままさんの事が心配です。
気落ちしないで…なんて無理だけど、がっくりきちゃって体調に影響が出ない事を心から祈ってます。
明日はとても寒くなるようだから、気をつけてね。

お父様のご冥福を心からお祈り申し上げます。
Posted by Hinata at 2006年02月03日 23:50
お父様、苦しみから解放されたのですね。

ご冥福をお祈り致します。

ぶげちゃん、お父様の分までがんばって!!
Posted by はやぶさ at 2006年02月03日 23:53
豪快で楽しいお父様が逝かれたのですね‥。   昨年盲腸癌から復活した父も一昨日で81才になり、親子としての時間もとても長い時間は取れない年齢になりました。私も自分が後悔しない親孝行をしていきたいと思っています。 ぶげままさんのお父様のご冥福をお祈りいたします。
Posted by めぐさち at 2006年02月04日 00:13
お父さんのご冥福をお祈りします。

お父さんもぶげっちも頑張ったね。

ぶげっちも大変な時期だったのにずっと付き添ってくれて
お父さんきっと嬉しかったと思うよ。

これからは天国からぶげっちを守ってくれるのでしょうね。
応援団がいっぱいついてるから頑張ってね!
Posted by すまっぺ at 2006年02月04日 00:43
ぶげっち。
ご冥福をお祈りいたします。。。。

これからは、空から見守ってくれている事と思います。

お父様。。。安らかに。。。。
Posted by HANA at 2006年02月04日 00:44
こんばんは。

お父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ぶげっちも大変だったね。
お疲れ様。
Posted by カワセミ at 2006年02月04日 02:29
ぶげままさん、おはようございます。

お父様のご冥福をお祈りいたします。

これからは、空の上から見守られる事でしょう。

ぶげままさんもお父様の分まで生きて頑張って下さい!
Posted by トモ at 2006年02月04日 06:34
お父様のご冥福をお祈りいたします

これからは天国からぶけっちの事見守ってくれてる事でしょう
ぶけっちファミリーが体調を崩さないように祈ってます
Posted by 鳴海 at 2006年02月04日 08:56
ぶげっちちゃん、お疲れ様でした。
しばらく姿が見えないので心配していたけど・・・
残念です。
お父様、ぶげっちちゃんに伝えられること一生懸命伝えて旅立たれたんだね。
ご自分の姿を通して・・・
まだしばらくバタバタしちゃうね。
風邪も流行ってるから体調気をつけて。
落ち着いたらまたお父様のお話、聞かせてね。
話し供養、とってもいいんだって。

お父様のご冥福をお祈りいたします(合掌)
Posted by アン at 2006年02月04日 09:48
お父様残念です。
でも、これで痛みから解放されるんですよね。
ぶげままさん、もうお別れした後かなぁー
張り詰めていた糸がプツッと切れて、体調を崩す事があるので気をつけてね。
お父様のご冥福をお祈り致します。
Posted by みと at 2006年02月04日 16:35
お父様のご冥福をお祈りいたします。
心身ともにお疲れだと思います。
どうか、無理なさいませんように・・・。
お父様、これからずっとお空の上から
ぶげままさんを見守ってくださるのだと思います。
Posted by ぽぷら at 2006年02月05日 00:40
こんばんは!ハミ夫です。

お父様がお亡くなりになられたとのこと・・。
お父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

お父様も笑顔だったのですね!
ハミングバードは、すぐさま、お父様の
ところへ駆け寄って「お疲れ様でした!」
と声をかけていると思います。

ハミングバードの納骨式でお世話になった
お坊さんが、納骨直後に「ハミングバードさんが
話していると思って聞いてください」と言って、
お墓の前で一遍の詩を朗読されました。

「1000の風」という詩でした。
書籍が何種類か出ているようですが、
Web上で掲載されているページもあるようです。
ぜひ、ご覧になってみて下さい!

そして、ぶげままさん!応援しています!
治療、がんばってくださいね!!
Posted by at 2006年02月05日 01:26
ご無沙汰しております。お父さんがお亡くなりになったとのこと、、、。大変でしたね、、、。お疲れが出ないように、、、。あたしは先日、抗ガン剤を投与してきました。予想していたよりは、副作用がでてなくてホッとしております。炎症性の記事読みました、、、。あたしの場合は、左胸が腫れているのを昨年の11月初旬に気付きましたが、あまり気にせずにおりました。しかし、日に日に腫れてくるので12月初旬に病院へ行きました。この間、1ヵ月もほっといたのです、、、。いろんな検査に時間がかかり、先月に炎症性乳癌で、転移ありと告知を受けました。その時はものすごく胸が腫れており、皮がカチカチでした。もっと早く病院へ行っていればと悔やまれます、、、。炎症性乳癌は進行がものすごく早いのですね、、、。がっかりです。あたしは、こうやって抗ガン剤を投与していて治るんでしょうか?すごく不安です。
Posted by さっちゃん at 2006年02月05日 10:38
パトさん♪

ありがとう。
父としっかりお別れ出来たこと、とても感謝しています。
パトさんのご両親様のお話もとても心に響きました。
父は神の元にいっただけ。
私の心の中にいてくれてます。
Posted by ぶげまま at 2006年02月05日 15:09
Hinaちゃん♪

ずっと気になってたのよ。
骨転移ならまた違う治療が加わるし、
場所によるけど骨セメントというのもあるから。
放治もピンポイントだけど痛みには有効だしね。
ちょっと距離があるから、じゃあうちの病院って
わけにもいかないけど、でも応援してるし
なんでも言ってね。
Posted by ぶげまま at 2006年02月05日 15:15
はやぶささん♪

そう、痛みから解放された父の顔は

素晴らしく笑顔で穏やかでした。

父のそばにいて、人は死ぬ時こんなに苦しむのかと

思ってました。前日、先生に、

「父は私達が思う程苦しいんでしょうか?」

と尋ねました。もう肩で息してましたから。

先生は本人はもうそんなに苦しくないんですよと

おっしゃってくださいましたが、やはりつらかったと

思います。でもいろんな事を教わった気がします。
Posted by ぶげまま at 2006年02月05日 15:23
めぐさちさん♪

父の母親が今日で87歳になりました。
去年の2月5日は妹を亡くし、今年は息子・・・
昨日のお骨上げはもう倒れそうでした。
父は母親思いでした。
自分の最後の大仕事は、母親をきちんと見送ることと
言ってましたがそれが叶えられず残念だったろうと
思います。
お父様、病院通いなど大変かと思いますが、
めぐさちさんのフォローが何よりの薬かと思います。
Posted by ぶげまま at 2006年02月05日 15:30
すまっぺさん♪

父とはよく喧嘩したりしましたが
よく看護師さんに「今日は娘がくるから。」
と言っていたそうです。
どんなに喧嘩しても切れない絆、ですね。
父の気性を受け継いだ私。
父に恥ずかしくないように頑張りたいと思います。
Posted by ぶげまま at 2006年02月05日 15:34
HANAさん♪

私は今まで死んだらもう魂もなにも・・・と思ってた
ところがあったけど、ハミちゃん以降、
考え方・感じ方が変わりました。
鳥がさえずっているのをみると、
ハミちゃんだ!と思うし。
父もきっとそばにいてくれてます。
私の事、心配かけたままでしたから
ついてまわってるやろね(笑)
Posted by ぶげまま at 2006年02月05日 15:40
カワセミさん♪

ありがとう。
カワセミさんは、これからも私のカンフル剤で
いてね。
その元気パワーは、まわりも元気にしてくれる。
すごい技だよ。
Posted by ぶげまま at 2006年02月05日 15:42
トモさん♪

今頃、父は3歳の時に死に別れたお父さん、
生後まもなく亡くなった妹、
きっと逢いたくて堪らなかったと思うんで
対面してると思います。
実家の愛犬リーも父に駆け寄ってるでしょう。
さみしくなんかないと思います。
Posted by ぶげまま at 2006年02月05日 15:47
鳴海さん♪

今日は家でぼんやりしたり、娘と私の雛人形を出したり
出来なかった豆まきを今更やったりしています。
私の雛人形は祖母が作った木目込みで
父も気に入ってくれてました。
私の宝物ですね。
Posted by ぶげまま at 2006年02月05日 15:53
みとちゃん♪

お通夜の直前まで泣かなかったんだけど
母の友人でもう25年ぐらいのつきあいの人がいて
その人の顔をみたときから、あかんかった。
その人のお姉さんも炎症性乳がんで亡くなってて
そのこともあってかな〜?久しぶりだった。その人も
そうなる予感があって逢わないようにしてたみたい。
でもその人、ほんとに最後まで母に付き添ってくれた。
大事な人です。
Posted by ぶげまま at 2006年02月05日 15:55
アンアンさん♪

子供は親の背中をみて育つ・・・そのとおりですね。

なかなか父を超えられないけど、父の姿勢を

見習っていきたいです。

今日はのんびり、明日は何かとまだバタバタしそう。

内科の病院もあるし・・・晩ごはん、何にしようかな?
Posted by ぶげまま at 2006年02月05日 15:58
ぽぷらさん♪

ぽぷらさんの住んでる市は父にとっても
大きな懐のようなもので、最後まで居れた事
喜んでいると思います。
いいところですよね。街の風景全部が
父を見送ってくれたような気がします。
Posted by ぶげまま at 2006年02月05日 16:08
ハミ夫さん♪

納骨、お疲れ様でした。
ハミちゃんがお気に入りのブラウスを着てたので
父にもお気に入りのセーターを着せましたよ。
「1000の風」みてみました。
母にも買って渡そうかと思います。
母は気丈でしたが、最後の最後、もう顔が見れないと
いわれたときに、大きく泣き崩れてました。
これからなんだと思います。

ハミ夫さんもお疲れが出ませんように・・・
Posted by ぶげまま at 2006年02月05日 16:14
さっちゃん♪

抗がん剤初投与、お疲れ様。
炎症性のあの記事は、さっちゃんの事を
思いながら書きました。
炎症性という1くくりにすることは出来ない。
人それぞれ、違うから。
転移があっても上手くコントロールしていこうと
私は考えてます。思うようにいかない事も
あるだろうと思います。でも前をみて進んで
いかなければいけないんです。
病気の根本は薬に、免疫力は自分の心の問題ですから
やれるだけやりたい!そう思ってすごしてます。
Posted by ぶげまま at 2006年02月05日 16:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12713255

この記事へのトラックバック
helicopter_01.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。