2006年10月30日

診察とお楽しみ♪

28日の土曜日。朝1番で診察。
オキシコンチンを始めて2週間。
その間の体調を報告。
オキシコンチンを始めた1週間は痛みの軽減と
引き換えに薬を飲んだ2時間後にふらーとしてたけど
あと1週間はそれもなくなりつつあり
薬に慣れてしまったよう。。。
そしてそれでも根をつめると痛む背中に
何がしか治療を考えていることを話した。
主治医は骨セメントの経験がないらしい。
「けっこう大掛かりな手術やん?」
などど言われた。
私が目をつけてる箇所は胸椎なので
するとしたら放射線治療かな。。。
どちらにしても9月のPET/CTの画像では
詳細はつかめないので脊椎のMRIをオーダー。
主治医のところでは出来ないので
前病院でするんだけど、PCでオーダーしてくれるのね。
で、さっきまで気が付かなかったけど
名前の横に年齢が載ってるんだけど。。。
「62歳」
ってどういうことよ!!!_| ̄|○
明日電話しなくちゃ。。。
ということで再来週MRIを受けてその週末にゾメタも
あるんでまた診察。
今回言われたのはオキシコンチンにプラスロキソニンを
頓服感覚で、痛む時とか痛んで欲しくない時に飲むと
倍倍で効果があるとか。
2週間オキシコンチンを飲んでまだやめときますという
のは自信もないんであと2週間続けてみるつもり。
早く新しい転移先にゾメタが浸透してくれるのを
待つのみです。
そしてこのごろ排尿の際少々痛むのはエンドキサンの副作用。
まだ軽症だけど酷くなると治療をとめなくちゃいけないんで
お水いっぱい飲まなくちゃ!
結構飲んでるんだけどね(゚Д゚||)
 
この日は温泉に行くという事を主治医に話してて
それがやたらと詳しく聞いてくるのね。
この日も、
「で、宿はどこ?」
「えーとどこだっけ?」
「当日やのにわからへんの???」
(* ̄m ̄)プッ
 
オキシコンチンが1週間ずれてたら行けなかったであろう
温泉オフに参加する事が出来ました。
オキシ+ロキソニンのおかげで全く痛む事は
ありませんでした。
心よく送り出してくれた家族、
一緒に参加してくれて心配かけた仲間達、
行けなかったけど心配してくれた仲間達、
PCの前でどうだったかな?と思ってくれたであろう?方々、
ありがとう。。。
何度も落ち込みその度にお尻ペンペンしてくれて
頑張れ!って言ってくれて
ほんとにありがとう。
どうしても今日(もう日付変わってるけど)のうちに
書いておきたかった。。。
 
温泉のことの報告が少ない?
(* ̄m ̄)プッ
 
そうだな。。。2回目のお風呂で脱衣場で
炎症性3人がおっぱい見せ合って触りあったのが
印象的でしたね。
(* ̄m ̄)プッ
posted by ぶげまま | 兵庫 ☀ | Comment(26) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年10月14日

ゾメタE、新たな試練

今日、4週間ぶりの診察。
10月に入ってからの不調を全て話した。
背中・腰・股関節・あばらの痛み、頭痛、手先・顔の色素沈着。
痛みはロキソニンでカバーすればいいのだろうけど
逆流性食道炎の痛みを思い出すと怖くて飲めない。
だから時々飲む程度だった。
主治医から提案されたのは、麻薬。オキシコンチン。
ロキソニンほど胃はやられない。
でも吐き気と便秘だそう。。。_| ̄|○
それをコントロールする為にノバミン(吐き気止め)と
重カマ(胃酸を抑え便秘の薬)を併用。
オキシコンチンはモルヒネではないけどがんの痛みを
コントロールする薬としては有名ですよね。
私も名前は知っていたのでかえって
なんだかなー、でも痛みがあると体はともかく
心がどうにかなりそうで、何がしかしないとな。
ひとまず2週間試すことに。
初めて骨転移の痛みがあった時のように
また次第に改善されてくれるのを切望するのみ。
 
そして頭痛。
脳転移を完全には否めないけど検査するのも
今どうなの?という気持ちを訴えた。
今飲んでるエンドキサンの副作用と思いたい。
それも少し様子をみることに。
 
色素沈着はフルツロンの副作用。
これは確かに気分はよくないが
痛みが伴うわけではないから。。。
 
今の治療(DMPCと言うそうです)をはじめる前のマーカー数値は
やはりグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
今日また採血したので今の治療効果でどれだけ下がるでしょうね?
そして久しぶりに触診とエコー。
PET/CTで胸と両腋を指摘されたけど
胸の腫瘍は2、3センチ。左腋リンパ0、6センチ。右腋は見当たらず。
自覚通りこんだけよくなれば切除のお話はオジャンのよう。
 
そしてまだ承認されてないラパチニブとアバスチンは
いつ承認されるのか?もしくは治験ってないの?
と聞いてみた。
ラパチニブは私はハーセプマイナスなのでNG。
アバスチンはいつやろなーーー?
でも薬はまだまだあるやん♪
とさ・・・
 
そしてゾメタを入れてきました。
前の病院から顔見知りの看護師さん、
「大丈夫?大丈夫?」
とえらく気にしてくださった。
やっぱり私、しんどそうかな?
でもなんだか素直に嬉しかった。
 
ただ、会計の時、えらく高くて思わず
「ここはエコーこんなに高いの?」
と受付で。
(* ̄m ̄)プッ
色々調べてくれてたけど待ちきれず
「2週間後、また来ますからその時に。」
と言って薬局へ。
で、こちらも高い。
オキシコンチンセットって今の経口セットと同じくらい高い!
どちらも2週間分だけど結局1ヶ月分払ったのと同じやん。
 
なんか体も心も財布も厳しいわ。。。
あかん、こんな小さな山、乗り越えんでどないするねん!
「お腹すいてる(採血の為朝ごはん食べてない)からあかんねん!」
というのとこの気持ちをどっかに置いて帰りたいというのとで
一人でモーニングレストラン
 
帰宅して前回の領収書をみて、やっぱりおかしいと
思い病院に電話。
なんとゾメタ倍額になってたがく〜(落胆した顔)
ご自宅まで持って伺いますと言われたけど
次回の診察で・・・ということにした。
電話を切ってしばらくしたら主治医から電話。
わざわざいいのに。。。
で、診察の時には色々ありすぎて言えなかった
内祝いのお礼を。
そしたら
「とっても嬉しかったです。ありがとう」
と言ってもらえた。恐縮。でも嬉しい。
そしてノバミンをオキシコンチンの30分前に飲んでみてと
言われた。そーすると吐き気止めが効いたころに飲むことに
なるから。
 
今日はなんだかヘビーでした。
オキシコンチンは12時間毎なんで
今晩から飲んでみようと思います。
決して寝込んでいるわけではありません。
家事もこなしています。
でも9月の自分とは違うのはわかります。
この治療が浸透し疲れているのと骨の痛みが
重なって、気持ちがまいっています。
でも、こんな事で凹んでいてはこれから先
やっていけない。
なんとか乗り越えていきたいと思っています。

 
追記
今度は薬局から電話。
何でも経口抗がん剤の計算ミスで12000円
余分に支払ってるとのこと。。。
今日は何やねん!
病院でも12000円余分に支払い薬局でも
12000円余分に支払い。。。
わたしゃ金持ちじゃないぞ!
2週間後24000円返ってくるそうな。
でもそれ、また支払いにまわるだけなんだけどもうやだ〜(悲しい顔)
 
posted by ぶげまま | 兵庫 ☀ | Comment(27) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年09月16日

ゾメタ(5)とこのごろの私

今日は9時から診察。
新しい治療(ヒスロン+エンドキサン+フルツロン)を始めて1週間。
これ、総称してアルファベットで4文字なんだけど忘れた。。。
その副作用の報告とゾメタを。
口内炎のこと・お通じが緩くなったこと・胸の状態が明らかに変化
したことを報告。
口内炎は結局1つだけで終わり、
お通じは便秘で下剤がいるほどなので
むしろ快調!?
胸、自分の感覚では浮腫はこの1週間で半減!
陥没しきってた乳首がまた現れた。
(* ̄m ̄)プッ
 
この治療は効果がある人は何年もしてる人が
いるらしい。耐性の問題はどーなんでしょうね。
人それぞれですからね。
副作用も比較的軽くただ太ることが
最大の副作用かも。
ヒスロンは食欲増進効果があるらしいし。
主治医は外科医としては実は体重増加は
喜ばしいことで元気な証拠なんだから、
ただなんでも加減がね、、、との事。
先週採血したんだけど総合しか届いておらず
マーカー値は出てなかった。
この治療前の数字だし前日は冷やさずには
いられなかったんだから予想はつくけど。
来週ききにくる?といわれたけど
「いや。」
次回の診察時に聞くことにしました。
悪い数値、今聞いても仕方ないもの。
 
次回は10月14日。
今回触診してよー♪といったんだけど
「今度、エコーといっしょにするわ」
と振られた。
その後ゾメタをザザーと15分でいれて
薬をもらいに行って帰宅。
正味1時間かかってないかな。
自宅の駐車場からクリニックの駐車場まで
15分あればついちゃう。
大きな病院は「待ち」があるけど
それがないのとなんといっても
土曜の朝なら子供達をぶげ夫がみてくれる。
午後からテニスだからそれまでに終われば言うことなし。
この治療をなんとか継続出来ればいいんだけどな。。。
 
そうそう中性脂肪、急降下バッド(下向き矢印)
100も落ちてた。
やっぱり北海道の食事の影響は大きかったようだ。
 
 
 
水戸黄門ダンチュ!.JPG 

 
再放送の水戸黄門。

あの曲が始まるとまずは私と両手をつないで
スィング♪後半は1人でフリフリ踊ってます。。。

posted by ぶげまま | 兵庫 ☁ | Comment(23) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年09月09日

軌道修正

PET.CT9月4日.JPG
 
今日は開業した主治医のもとへ。
9月4日のPET/CTの結果が出た。
残念ながら現状維持とはいってなかった。
 
原発巣、骨転移:増悪
R/0 腋窩リンパ節転移
 
簡単にいうとこうなる。
治療変更だ。
幸い選択肢があった。
エビデンス重視ならここでゼロータもしくはTS-1と
いうところだが、エビデンスなんてどーでもいい。
要は私に効けばいいんだから。
かつQOLを保てたらなおいい。
結果、フルツロン+エンドキサン+ヒスロンで。
ゾメタは続行。様子をみて生理が再開したらゾラもすると。
フルツロンは効果がないという認識であった私は
間髪いれず反応。
しかし主治医いわくエンドキサン+ヒスロンにフルツロンを
足すとなぜか成績がいい、僕の経験では!と。
そしてヒスロン。
ムーンフェイスの副作用で有名。
でも、やってみる。
実は私はゼロータ+ナベルビンと考えてた。
しかし私はホルモン強陽性といっていいだろうが
ここでホルモンを丸投げするべきかどうかと
思案していた。
主治医のおすすめプランで様子をみます。
とりあえず来週ゾメタなので1週間。
 
 
骨転移に関してはちょっとがっかりしたけど
原発はけっこう自覚症状があり、
昨晩も保冷剤で冷やしてた。ロキソニンも飲んでみたり。。。
腋のリンパに関しては転移というより前から
あったものという風にもいえるが
今回両腋指摘されてる。
軽度の集積亢進で反応性でも説明可能な程度だが転移を
否めないだとか。。。
しかし、軌道修正するにあたって何と言っても
今回内臓転移が見受けられなかったのが幸い。
この検査、2度撮りしたのにはやはり理由があった。
上行結腸の集積が目立った為だった。
しかし2時間後の後期相で移動しており
生理的集積と判断。
 
薬.JPG 薬説明.JPG
 
1月に転移がみつかって8ヶ月。
予想してはいたけれど、第3ステージといったところでしょうか。
この薬が功を奏しますように。。。
 
posted by ぶげまま | 兵庫 ☀ | Comment(24) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年09月04日

半年ぶりのPET/CT

PET CT 9月4日.jpg
 
またまた久々?の更新です(^^ゞ
今日は半年振りで2度目のPET/CTを受けてきました。
前回と同じ病院でしました。
前回と違うのは・・・それは体重!
(* ̄m ̄)プッ
PETはFDGという薬液を静脈注射して体内の糖の代謝反応を
みるんですが、とーぜん体重で薬液の量は違います。
実際の体重(その場で計ります)とどっかに書いてる体重が
違いすぎる!と看護師さんにいわれてしもたー(T_T)
 薬液の量が増えると検査料も加算されるのかと質問すると
それはノーでした♪
しっ、しかし、ひじ部分から入れようとして失敗。
手首から入れなおしたんだけど、
「もしかしてひじから漏れてたら結果に反映するかも。。。」
といわれてしまった。
まっ、乳がんはひじから上、ひざから下は転移しないっていうし!
気を取り直して検査へ。
水を摂取しつつ50分安静室眠い(睡眠)
検査室に入るとまずCTから。。。
「吸って〜、はいて〜、息止めて!」を2回。
そのあとそのままPET。
計20分ほどで終わり。
ところが!
「腹部だけ撮り直しまーす♪」
「_| ̄|○やり直しかよ・・・」
また50分安静室。
その際、技師さんに
「上手く撮れなかったんですか?」
と訊くと
「いえ、主治医からよーく撮るよう指示がありますので♪
あと糖のめぐりが時間を置くとまた違いますから〜♪」
え〜〜〜〜〜〜〜。。。
よく撮るとか撮らないとかあるのかよー?
それとも腹部に何かあるのかよー(T_T)?
もやもやしながら2度目も終わりましたとさ。
 
12時40分に病院入りし出たのは4時過ぎてたよ。
お支払いは25940円。
前回より微妙に安いのはなぜ?
(* ̄m ̄)プッ
 
posted by ぶげまま | 兵庫 ☀ | Comment(18) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年08月22日

主治医のいない病院・・・ゾラ(9)+ゾメタ(4)

今日は午後から病院へ。
7月いっぱいで主治医は病院を退職。
9月開業までの間、治療はこちらで。
Y先生。
入院の際、ちらっと接触があったけど印象悪し。。。
今回限りだからね!
お手並み拝見!といたしますか。
まず触診。
右を触り左を触り・・・
「どっちでした???」
「どっちって・・・左ですけどがく〜(落胆した顔)
触ったら素人でもわかるよ。
スポンジと野球ボールほどの違いがあるやん!!!
「・・・ちょっとお待ちください。」
看護師さんとああでもないこうでもない。。。
なんと同姓のカルテが手元に。
でも確かに私、フルネームで呼ばれて入ってきましたわよー。
「いったん出ましょうか?」
と、かなり嫌味に言った。
仕切りなおしてもう一度。
「どうですか?」
「時々ズキンときます。」
「触った限り落ち着いていますよ。」
主治医もそう言う。
この状態で落ち着いてるって・・・一体どこまでいったら
落ち着いてないということになるのかな?
最初のパーンと腫れて熱をもった、まさに授乳中のような
ところまで戻るのかな・・・
 
そしてゾラ。
正直申し上げます。
Y先生の方が上手いかも♪
Y先生は肉をつまみながら麻酔を打つのね。
主治医はもろだわ。
その違い?
でも今、痛いけど・・・
 
胸出し、腹出しが終了し、椅子に座る。
「転院しても検査等の時はきちっと対処しますから
ご安心ください。」
そちらからそう言って頂けるとありがたい。
先週のマーカー数値のプリントは必ず主治医に
見せてくれとの事。
数値、あいかわらずNCCがグッド(上向き矢印)
7月は47→今回は69
CA15−3もじわりと上がってきているがかろうじて基準値。
「Y先生はこの数値、どうお考えですか?」
と質問。
「横ばいではなく時間の経過と共に上がってきてるので
何がしか増大してるとみていいでしょうね。」
「私は治療方針をかえるタイミングとしてどうかと思うんですが・・・」
すると、丁寧に説明してくれた。
今、抗がん剤をしても、ずらしても差異はない。
検査経過をみつつゾラを24回してもしくは
抗がん剤にかえたとして生理がちゃんと上がったか確認して
閉経後のホルモン療法へ移行するという手もある。
まだそんなにたくさん薬を使っているわけではないので
色々出来ますよ!というようなことを。
私はね、手を変え品を変えて息を長く続けたい。
あれもこれもせずに死んじゃった!はつまらん!
だからタイミングを読むのがどーなのよ?と思う日々。
まっ、また来月PET/CTですからね。。。
ちなみにY先生はこれも他の検査と併用の必要ありと
念をおした。
私もそう思う。
でも検査ばっかりしてもねー。
ほどほどよ、これも。。。
ちなみに前回の診察で今までのシンチのフィルムを預かった。
これってやっぱこちらにお返しに来ないとだめ?
なーんて言っちゃった。
だって検査の度に取りにくるのもねぇ。。。
基本的には返さないとだめ。
「でも基本でしょ?どーせ最後はこちらでお世話になるんだし
その時返しますから〜♪」
ちょっとあきれられたかも・・・
小さい声で、
「特別に・・・。。。」
と言った!
posted by ぶげまま | 兵庫 ☀ | Comment(18) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年07月25日

衝撃!!!ゾメタB+ゾラG

20060718シンチ.jpg
今日は診察日。
先日の骨シンチの結果も出る。
午後1時からの予約。
数十分早く着いたと思う。
今日は院内でアンケート調査をしている。
時間つぶしにはもってこい!
外科窓口前のベンチに座り記入し始める・・・
ふと、窓口前の掲示板に目をやる。
「患者会の講演会か〜。。。10月ねぇ。講師は主治医よね。。。
んっ?『000クリニック乳腺専門医000院長』・・・
なに?これ?間違いにしては出来すぎ!!!
えっーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
呆然と立ちすくんでると、ぶげの名前を呼ぶ主治医のアナウンスが。
 
「調子いかがですか〜?」
「%&#$〇△□☆%&#$〇△□☆・・・・」
「あれ?言ってなかった〜???」
「聞いてない!!!」
まさかね、自分の身に降りかかるなんて><!けっーーー!!!
ささっと開業する案内プリントが目の前に飛び込んでくる。
「どこで?おうちのほうで?おおっ!!!この辺やん!いくいく!
で、そこで抗がん剤とかやれるんやろね?」
CT・MRI・シンチ等は今までの病院でしないといけない。
診察はそのクリニックで。。。ということになる。
「面倒くっせー!!!」
でもでもでも、主治医チェンジはありえない!
ありえない〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!
主治医、7月いっぱいらしい。
6月から公表してたらしい。
聞いてへんでーーーー!まじ、怒んで!
転院はするとして、これで主治医に死に水とってもらえなくなった。
胸がひどくなったら手術なんていっても主治医ではない医者が
切るんだよーん。_| ̄|○
「フォローに来てくれたりないの?」
「今んとこ、そういう話はないなぁ」
「そんなん、無責任やわ〜、しぇんしぇたらーっ(汗)
「手術、せんかったらええねん♪」
最後まで面倒みてもらうつもりやったのに。。。
9月から開業なので8月はここの後任の先生に診てもらい
9月からは主治医のところに行くつもり。
あとあとになって高額医療は?とかPETの結果はこっちに
くるやん?とか内科との連携とか色々不安材料も出てきたけど
とにかく、
「わたしゃ、ついていきますから!」
 シンチの結果、「腰椎に関しては前回より集積は薄くなっている。左肋骨第3、第8に集積あり」
痛いって訴えたのは右なんだけど。。。
「腰椎の部分から神経に障ってるかもな。。。」
左肋骨に関しては前々から・・・
骨転移発覚前から。。。
これからの治療に関して、相談した結果、一応引き続きホルモン療法。
またまたNCCが上昇してるけど・・・
主治医!.jpgこの病院での最後の診察。
                     「ブログに載せてもいい?目隠すから」             

「目隠しの方が変でしょ!いいから!」                                    
1年間、お世話になりました〜!!!
9月からもよろしくお願いしますm(__)m

posted by ぶげまま | 兵庫 ☁ | Comment(38) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年07月18日

採血&骨シンチ

今日は朝から病院でした。
3度目の骨シンチです。
半年に1度のペースですね。
先日、肝臓をクリアーした代わりといっては何ですが
時々くる痛みのような違和感のようなものがこれで
はっきりしてくれればいいなぁ。。。
 
皆さんもご存知でしょうが、画像にうつらない厄介ごとより
うつる厄介ごと(爆)のほうが対処もしやすいのではないかと・・・
 
今日はシンチの造影剤を入れるのが9時でその前に腫瘍マーカ

ーの採血にいったんだけど連休明けのせいか?バリ混み><!
「シンチの造影剤いれてから、出直してもいい?」
と聞いてすっとんでRI室に行きました。
ここでも、
「あとからマーカーなんだけど影響は?」
と造影いれてくれた若ーい看護師?技師?さんに質問。
「わかりません・・・」
(勉強してよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!)
ほんでもって下手くそ!!!
痛いがな〜〜〜!刺していじくりまわして、しまいに抜くな〜〜〜〜〜〜!!!
結局反対側で。。。はぁ。。。
その後、マーカー採血は手首で。
手首、久々だったけど痛い・・・よね。
 
待ちのあいだは義妹宅にお邪魔して。
ぶげ太が昼までで帰ってくるし、お稽古あるしで、
結構フル回転。。。
 
じーじ、お疲れ出ないかな?
私も1年お疲れさんだけど、周りのフォローも1年。。。
お疲れ様ですう。。。そちらに足向けて寝れましぇん。
えっ?そちらに足、向けて寝てる!ひぇ〜〜〜〜〜〜がく〜(落胆した顔)
 
今日はシンチとマーカーと月初めということで2万超え!
そうそう!今月からお薬が処方箋もって外でもらってくれとの事だった。
今日はお薬はなかったけど、来週からどうしようかな?
何でも家のそばの薬局チェーン店でも出してくれるらしいけど。。。

posted by ぶげまま | 兵庫 ☔ | Comment(34) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年06月27日

肝メタなし!!!・・・ゾメタ(2)+ゾラ(7 )

たくさんのコメント、ありがとー!!!

結果から言うと、肝臓に転移はCT上は出ませんでした。

じゃあ、このあばら辺りの痛みはどう解釈するのかと

かなり主治医と膝を突き合わせて討論?しました。

2週間前のマーカーの結果、NCCが前回の数値の倍!に。

でも他は基準値。

NCCの数値、この1月から右肩上がり。この解釈は?

ホルモン療法のせいにするには少し無理はある。

上がったり下がったりとすればいいんだけど上がりっぱなしは

気になるところ・・・

私が主治医に言った痛みのある箇所はあばらというより軟骨じゃ

ないかと言われた。

シンチをするか?MRIをするのか?これが骨転移としたら

これからの治療方針はどうするのか?

私の痛がり具合ぐらいではまだ急を要するわけではないという

私と主治医の判断のもとで来月、シンチをする事にはしました。

骨の治療としてはゾメタをしているし、次の何らかの確定診断まで

はホルモン療法もしているわけだし。

今現在の様子ではすぐ放治でもなさそうだし。

骨、総点検をしてみます。

原発の胸に関して・・・しこり2センチ。やや大きくなってる。

脇などには見当たらず。。。

技師さん、えらいとまどってはって、人を呼んで2人がかりで

超音波してはりましたわ〜。

主治医はこのエコーの写真では炎症性とは判断出来ないほど

なんだけどな〜とぼそぼそ。

今日は疲れた。ぶげチビは寝冷えで熱出すし。

病院はえっらい長いし。

そうそう、子宮癌検診も少々荒れ気味らしいがクリアーしました。

その炎症が癌になる確率は?と聞いたら、薬飲んでるからですよ

と言われました。

骨転移増加だったらいいというわけではないけど、

9月にまたPET−CTをする予定で、それまでは肝臓の事は少し

忘れよう、そうしよう。

皆さん、ほんとにありがとう!m(__)m

またもらった♪.JPG

同じお隣さんからまたもらった!!!


posted by ぶげまま | 兵庫 ☀ | Comment(48) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年06月26日

待ちのつらさ

ドキドキッ・・・.JPG

明日、肝臓のCTの結果が出る。。。

「ドキドキしてる」

なぜなら、あばらが痛むから!特に右・・・やばいやん!

自分ではあばらだと信じてる。あばらでも困るけど!

肝転移が確定したらきっと明日から治療方針を変えるだろう。

ぶげとしてはまずはゼロータだろうと思う。

分量は多分標準量だろう。。。

骨転移がみつかって約半年。

そもそも癌と告知を受けて半年で骨転移がみつかったから

サイクルとしてはそろそろ動きがあるのでは。。。

FEC+タキソテールでも抑え切れなかった骨転移を

ホルモンで半年抑えてたほうが不思議。

「さあ、来い!いや、来るな!!!」

複雑な女心・・・
posted by ぶげまま | 兵庫 ☁ | Comment(44) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年06月20日

子宮癌検診&マーカー採血&上腹部CT

院内紹介状.JPG

今年の1月4日からノルバDを服用。ゾラ注は1月18日から。。。
ホルモン療法を始めて半年足らずですが、そろそろ気になる子宮癌検診を。
乳がんになってからは初めて。
妊娠の折りに子宮頸癌だけだと思うけど、調べるのは必須だったと・・・
ですから痛みは体で覚えています。。。
まずは問診。
あらかじめ受付で問診票に記入。
「手術はされてないんですか?」
「はい。転移がありますので・・・」
(この時点で院内紹介状の意味はあるのか!とちょっと思ったりする)
「子宮の入り口部分と奥の部分の2箇所を調べます」
「体癌と頸癌ということですね」

まずはエコーです。
なんていいはったかな?なんか上手い事ゆうなーと思ったんだけど・・・
「下からエコーいきます!」
だったかな?いや、なんかおもしろかったんだけど。。。
「ちょっと痛いですよー!」
「あっ、痛いけどなんか生理痛の時の感覚〜!久しぶり〜♪
ここが子宮だったのね〜。。。」

私は去年の抗がん剤の途中から生理がとまってる。
しかし、それ以前に平成15年の秋から17年の3月まで妊娠・出産・授乳の為、生理がなかった。3月から再開し、10月で止まるまでの7、8ヶ月あったのを最後にない。

エコーでは筋腫らしきものはないとの事。
結果は1週間後に出る。
「もし癌があったら、私の場合どうなるんですかね?」
「とることになるでしょうね。」
「胸も切れずにいるのに子宮は切れるんでしょうか?」
「影響としては体癌の方になると思いますが、それは転移ではない、べっこの癌として切らないと出血がとまらなくなりますし。転移するなら卵巣でしょうね。」
「卵巣検診ってないんですか?」
「ないです。。。」
「私も聞いた事ないです・・・」

合間にマーカーの採血。
そして昼から上腹部(肝臓)CT。
慣れって怖いわ〜。即終わりました。。。

10時ごろから2時ごろまで。子供の都合で3時まで時間潰すのに
ちょっと苦労してました。
特に婦人科が済んで、CTを撮るまでコーヒー・食事が出来ないのが・・・
採血まであったので朝も食べずにいましたから。。。

でも思った。
抗がん剤は高いわ〜!
なんか他が安く感じるもん!!!
なんとかならんのか〜って。。。
posted by ぶげまま | 兵庫 | Comment(28) | TrackBack(2) | 乳癌のこと

2006年05月30日

初ゾメタ♪+ゾラ6回目

ゾメタ.jpg

今日は診察日。
4週間ぶりに主治医に逢える。
あばらの一番下とか骨盤、股関節の微妙な違和感、左の頸部リンパのこりを伝える。
すると、主治医は
「要するに、元気!ってことね!」
なんで?えっ?どうしてそうとれる?
2週間前の腫瘍マーカーの揃果が出てて、あいかわらずNCCが上がってきてる。
でも他は良好。
「6月に肝臓チェックお願いします〜!」
「はいはい〜!」
「それから子宮がん検診も〜!」
「はいはい〜!」
とんとん、すすんでいきます。
ゾラを打つ時についでのように触診。
「先生、浮腫、絶対拡がってると思うけど!!!」
「そうかな〜?」
患側の胸はもちろん脇、反対の胸と脇のチェック。
「胸、痛くなることある?」
「はい!」
「え〜?そうなん。。。」
「そうです!」
「ふーん。。。よしゃ!」
「なにが?」
「・・・」

今日はCTとエコー談義をしてきました。
CTは皆さんご存知の通り5mm刻みの断層写真。肝臓のみならずまわりの内臓も捉えてくれる。デメリットはその5mmのあいだにもしがん細胞があったらスルーしてしまう。
エコーは、例えば私のように肝臓だけをじっくりみて!というのには有効。
「じゃあ、エコーじゃないのか?」
CTでひっかかったらエコーをするとのこと。
まあ、私は高脂血症もちなのですい臓もチェックしてもいいだろうし、胆のう胞も肝のう胞もあるんでね〜。

そしてお初のゾメタ。
「もう始める方がちらほら出てきましたよね。」
「そうやね。で、お仲間の副作用はどう?」
「発熱された方・痛みが多少出た方くらい。。。アレディアと大差ないですね〜」
最近、医者と患者の境界線が・・・大丈夫かしら〜?
でも頼りにしてまっせ!!!

posted by ぶげまま | 兵庫 ☀ | Comment(26) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年05月23日

振り返ってる場合ではない・・・

私は罹患してから大学ノートに診察での質問や体調や血液検査の結果を
記している。
それがちょうど1冊済んだ。
「ああ、そろそろ1年なのね〜♪この1年、1日たりとも自分が癌に
侵されてることを忘れることは出来なかったな〜〜〜。」
なんて、この頃思う。
今、左胸を触ると、右とは全く違う硬さがある。
以前は左右の位置が随分違ってたけど今はそんなに変わらない。
赤みもまったくない。皮膚の変化も・・・
乳首はもともと左のほうが引っ張られ気味だけど、それはそのまま。
癌が引っ張ってるんだろう。。。
現在、腫瘍の大きさは1.4センチとなってるけどリンパ浮腫があり
実感としては5センチぐらいの感覚。
この浮腫というのは冷やすとぼこっと引っ込む(笑)
時間が経つと戻るけど。
主治医は局所コントロールにすぎない手術をあえてして、QOLを
落とすより現状維持し胸がひどくなったら・・・という考え。
きっと今年いっぱいの中で切らなかったら死ぬまで切らない事に
なるだろうな。
そもそも全摘してすぐ転移なんて無理!と思ったから調べなおした
結果の末で自分の思う通りなんだけど、いつもこれでいいのか?
道はないのか?でもその道は癌がなくなっても命は保てるのか?
と模索している。
このごろ、炎症性というキーワードでみてくれてる人が増えてるよう。
年々、炎症性も手があるようになってきてるみたい。
ただ、炎症性に限らず再発は完治はない。
その中でどう長く生きるか?
くよくよしてる場合ではない。
来年、アバスチンが適用になったらやってみたいな〜〜〜〜!
アバスチンは癌が作る血管をチョキンチョキン切ってくれるんだそう。
炎症性の特性にあってるように思う。
今、個人でやると1発49万!ですがね・・・
(どこかで49万とみたんだけど、個人輸入サイトをみると100mg/4mlで
1本、74000円。送料別。1回にどれくらい使うのかわからないけど、
どちらにしても今は無理!ということだけはわかる。コストパフォーマンスに
問題ありということも専門ブログに書いてあった)

ネタがないとまじめに乳がんの事を語りたくなるぶげであった〜〜〜♪
posted by ぶげまま | 兵庫 ☁ | Comment(18) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年05月19日

腫瘍マーカー数値、記載しました!

右サイドバーに常設しました!

マーカーの数値というのは個人差もあり目安にすぎないけれど

私達患者にとっては切っても切れないもの。

私の場合、はじめから顕著に現れるタイプのようだが、

あまり読めなかったです・・・

手術をしてないという事もあって参考にならないかもしれません。

ですから「あら!ぶげままさんより高いわ!どうしよう〜><」

等、思わないでください。極論をいうとマーカー数値が基準値でも、

あるいは千、万単位になってもCTやMRI等の画像判断に優るものは

ないとぶげままは思います。
ca_3.gif
posted by ぶげまま | 兵庫 ☁ | Comment(34) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年05月02日

さよならアレディア、カモ〜ン♪ゾメタ

アレディアちゃん.jpg

今日はアレディア(7)+ゾラ(5)。

診察。。。
Dr.「どうですか?体調」
ぶ「はい、まあまあです。食道、やっと治まりました。」(絶好調!よ。)
ゾラの準備。そしてついでの触診。
ぶ「先生、この辺のこの筋気になるんですけど。。。」
Dr.「これ?スジやん・・・」
ぶ「・・・」
Dr.「やわらかなったんちゃう?」
ぶ「いいえ。」
Dr.「大きさ、どう思う?」
ぶ「どうって、わからへん。」
毎回同じような会話です。
ぶ「マーカー、どうでした?」
とカーテン越しに訊く。
Dr.「うん、NCCが1上がってた。ぼくら気にしてないよ〜♪」
(気にしてよ!!!)
マーカー値のプリントを覗くと、NCCは以前から基準からはずれてたうえに前回より1上がってる。他も基準値内だけど上がってる。
でもまあまあかな。
ぶ「先生、アレディアって死ぬまでやるの?先日のPETで出た
硬化性変化って、でも骨転移がなくなったわけじゃないでしょ?」
Dr.「うん。骨はね、そのへんが難しいんよ。アレディアは長期になるな。
期間を変えたり量を変えたりのコントロールっていうのはあるけどね。
ゾメタ、やってみる?」

ぶ「えっ。今調子悪くないけど。副作用のこともあるしな〜・・・」
Dr.「ぶげままさんともう1人、ゾメタ!ゾメタ!って言ってる人が
いたんだけどその人、尻込みしたわ。」

ぶ「じゃあ、やる!」
副作用をみてひどければアレディアに戻してもらうということを
了承してもらった。
ぶ「ゾメタってアレディアより安いんよね?」
Dr.「えっ?そうなん。新薬って高いんちゃうん?」
ぶ「高かったらせえへん(笑)!」
あとで看護師さんに訊いたんだけどアレディアは生理食塩水500mlに
30mgX3本をうすめてやるんだけどゾメタは100mlで落とすらしいから点滴時間も15分以上、つまり15分見当ら・し・い。
実は、わが病院ではゾメタ使った事ないらしい。
「乳がん以外ではされてないの?」
「先生は当院では使用したことないって・・・」と看護師。
と、いうことはぶげ、第1号〜〜〜〜〜〜〜!です。
主治医は一応アレディアとゾメタの両方を用意してくれるそう。
だから気が変わったらアレディアしてもいいように、だそうだ。
それにね、そろそろ肝臓調べた方がいいんちゃうかと
打診したんだけど、PETでOK!は今は信憑性ありだし
それをうたがってたらPETの価値ないやんといわれた。
ぶ「じゃあ、今後の検査予定はどうするんですか?」
Dr.「考えといて♪」
自分でかよ〜!

posted by ぶげまま | 兵庫 ☁ | Comment(24) | TrackBack(1) | 乳癌のこと

2006年04月14日

部分ウィッグ

ca_1.gif

部分ウィッグ1.JPG

部分ウィッグ2.JPG

2005年の6月末から11月末まで
術前化学療法と称してFEC4クール+タキソテール4クール
(いずれも3週間に1回を4回ずつ計8回ということです)
しました。
脱毛に際し、カツラの準備はどうしようか!ということになりました。
私はあの人カツラ?よりあの人坊主?のほうがいい。。。
11月の初めてのオフ会までずーとそう思ってた。
何かの縁で回ってきた?フルウィッグ―最悪。。。
病院ですれ違う人―カツラってすぐわかる〜〜〜〜><!

最初の点滴の際の入院で、田口育子さんの
「前髪付け毛の作り方」という記事を目にして
http://www.mc.ccnw.ne.jp/miku/wig_main.htm
ノートに写しておいた。
やってみてダメならまた考えてもええやん!

6月28日に初回投与で7月9日の夜の洗髪から
ハラハラと抜け始めた。
「きたきたきたーーーーーーーー!!!」
お風呂から出て、風邪で寝込んでただんなを起こし、
「バリカン、やって!」
そのバリカンが上手く使えなくて結局ハサミでざーーーと切ったんだけどね。平たく薄い箱に髪を保存しました。
作るとき束になってるほうがしやすいからね。

皆さん、そんな豆なこと〜と言われますが
自分の髪の毛は頬や襟足の当たり具合も気にならないし
作るのも20分くらいよ!

カツラを買うもよし!(年齢詐称できます)
部分ウィッグ買うもよし!(ネットで安価で購入できます)
自分で作るもよし!(両面マジックテープに髪をはさんでミシンで縫うだけ
マジックテープは100均でOK!)

これから治療を始める方、ご参考までに!

部分ウィッグ3.jpg

この頃使ってませんので、髪がバラバラですね。。。
もちシャンプー可能ですし、トリートメントすると気持ちいい?ですよ!

て、いうか、この写真をみて
「床、本格的に掃除せんとまずい。。。」
ca_3.gif
posted by ぶげまま | 兵庫 ☔ | Comment(26) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年04月10日

乳がんRingに参加しました!

dot_06.gif

つたないブログなんですが、このごろたくさんの方が
みてくださってるようで、怖いような嬉しいような・・・
私も、罹患直後、あちこちみてまわりました。
炎症性乳がんでヒットし、かつ元気でおられると知ったのは
皆さんご存知のハミングバードの乳がん体験記のハミちゃん。
はじめはとてもとてもコメントなんて入れられなくて
ずっと読むだけだった。
でもひょんなことでハミちゃんに直接メールを送り。。。
それがきっかけでたくさんの仲間と知り合い今に至ってる。
ハミちゃんは私にとって突然お空に飛んでいってしまったけど
今でも大事な仲間だ。

「私もそうなるんじゃ」なんて絶対思っちゃだめだよ。
細胞の性質、進行速度、奏効率すべてみんな違うんだと
私は本気で思っているの。いい細胞か悪い細胞かはっきり
いないなら「自分はいい方の細胞だ」と思ってほしいの。
それに私も転移のコントロールに努めるし!


この言葉はハミちゃんが転移がみつかってすぐの時に
私にメールしてくれたもの。
私も転移経験ありだから余計に言えるけど
この言葉、なかなか出ないよ!
今でも支えてくれてるハミちゃんのようにとは
とてもとても無理だけど、今現在元気!とか、こうなった、
ああなったって出来るだけ発信できればいいなとは思ってる。
きっとハミちゃん、お空で笑ってるよ。
「PCばっかりいじってないで子供達に絵本!!!」って!
buncho_03.gif


dot_06.gif
posted by ぶげまま | 兵庫 | Comment(24) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年04月04日

アレディア(6)+ゾラ(4)

今日は診察日でした。
胸のつかえが取れないので
「ガスターD、効果なし!」
と伝えましたがロキソニンといっしょにもらうセルベックスも止めてたので
今度はセルベックス+ガスターDで様子をみようと言われた。
ガスターDは胃酸を抑える。。
セルベックスは胃の粘膜を保護する。。
それから3月22日にしたマーカーの結果。
CA15−3<13.7
BCA225<45
1コラーゲンC<3.0
NCC<11
CEA<1.3

前回の1月の時もそうだったけどNCCが基準値をはずれてる。
でも全然OK!
今の数値はかわいいものよ。
私はかつてCA15−3なんぞ223.8まであった女ですから!

今回もゾラ注ついでに触診。
「やらかいな〜〜揺れるハート。切りたいよな〜〜。」
ちょっと聞き飽きたかも・・・
衣服を整えながら
「今は骨の調子もいいようだから何ですけど、ゾメタは〜?」
と聞くと
「4月正式承認やね。うんうん。悪くなったらっておかしな話やけど
うんうん。」
と主治医。
今度は5月まで診察はない。
間にマーカーの為、採血だけに来るのと内科の診察はあるけど。
何だか今日は疲れたな。点滴もなかなか落ちなかったし。
ああ、そう。血糖が117もあった!
マーカーの時は内科と違って摂生しないから?
いや、今までそれでも引っかからなかった。
やっぱりホルモン療法のせい?ひぇ〜〜〜〜〜〜!!!
と、言いながら今ケーキを食べている。。。(* ̄m ̄)プッ
posted by ぶげまま | 兵庫 | Comment(18) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年03月22日

PET検査発表〜!

PET画像1.JPG

PET画像2.JPG

Findings
左乳房下部、深部に14mm大の腫瘤を認め、同部に高度の集積亢進を認めます。SUV maxは8.0と乳癌に合致します。乳頭を中心として乳房の皮膚には
肥厚を認め、リンパ浮腫などを見ているものと考えます。集積は軽度です。
骨には明らかな集積亢進を認めませんが、吸収補正用の低線量CTでL1,3,5など椎体に硬化性変化がみられます。化学療法で集積が低下している可能性もあり、また硬化性骨転移の場合はPET陰性となることもありますので骨シンチやMRIとも御対比下さい。
腋窩、鎖骨上窩、頸部にリンパ節転移をはじめとする異常集積を認めません。ただし、小病変は偽陰性となりうるので御精査下さい。
生理的集積部位は脳、扁桃、唾液腺、縦隔、心、乳腺、肝、脾、胃、腸管、腎、尿管、膀胱です。
その他CT上、肝嚢胞あり。

Impression
C/W 左乳癌
椎体の硬化性変化に明らかな集積亢進見られません(偽陰性の可能性あり)


わかるかな〜?写真の左胸のポチッと黒い点。
それが私の乳癌。
骨シンチと違ってわかりやすいわ。

ご覧のとおりの結果です。
主治医は「医者としては色気が出そうな結果」だそう。
そしてこのごろの食事の痛みにはガスターDが処方された。
「タケプロンじゃないの?」
という質問に主治医は
「あっ、タケプロンにする(笑)?」
おぬし、調べとるな〜〜という顔でにやりとされた。
ガスターの怖いところは調子が良くなって勝手にやめたりしちゃうと
リバウンドすること。胃酸のコントロールが効かなくなるよう。
とりあえず、結果が出てホッとしました。
皆さんにご心配おかけしてすみませんm(_ _)m
もちろんPETでは肝・脳転移はみつけられないので
安心は出来ません。が、今日はホントにホッとした!というのが
本音です。検査結果に一喜一憂するべからずとはいえ・・・
私も人の子ということでしょうかねえ。
panda_01.jpg
posted by ぶげまま | 兵庫 ☀ | Comment(40) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年03月18日

PET記事について

http://www.ncc.go.jp/jp/information/kenkai.html

先日の新聞のPET記事に関して国立がんセンター側の見解が出たと

TBしていただいた先で知った。

興味のある方はご覧くださいませ。
posted by ぶげまま | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳癌のこと
helicopter_01.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。