2006年03月15日

私の入院

私は36年の人生の中で4回入院した。

最初の2回は出産。1人目の時は病院について4時間ほどで

生まれた。1晩ひたすら家で我慢した。大きな子で思いっきり

会陰裂傷〜ふらふら今までの中で最高グッド(上向き矢印)の痛みだった。

2人目は6年あいたにもかかわらず産気づいて2時間弱で生まれた。

病院に入って30分くらいかな?先生、産み終えてから

「トイレ行かして〜。」といったほど慌ててた。

3回目は去年の6月28日。初の抗がん剤投与(FEC)と遠隔転移の

検査の為。この4泊5日はあんまり楽しくはなかった。

談話ルームにある乳がん関係の本を読み漁ったな。12〜3冊くらい。

下の子が11ヶ月で日頃読書する間がなかったので久々だった。

4回目は9月27日。タキソテール初回で経過観察の為。

タキソテールは初回のみなのにウィークリータキソールは毎回入院という

我が病院。同室に毎週お泊りなのという五十代くらいの女性がいたな。

この入院はほとんど寝て終わりだった。

病院に着いて着替えて即寝て眠い(睡眠)主治医に起こされ

「しんどいの???」といわれ、爆睡してた私は

「お弁当作ってきたんで〜。」っていうのが精一杯だった。

確か運動会あとで予備日だった為お弁当がいったのと晩御飯の用意とで

朝フル回転してたかな?

点滴中からもひたすら寝て眠い(睡眠)、だってタキソテールでお酒ビール

はいったように気持ちよかったんだもん。途中薬剤部の方が説明に

来てくれたらしいけどあんまりよく寝てるからって出直してくれたらしい。

で、翌朝7時、主治医が突然、

「おはよ〜晴れ

おはようって・・・えらい早いやん。また私すごい顔してたやろな。

坊主やし。この時前日の腫瘍マーカーの結果で急降下バッド(下向き矢印)してたので

早く知らせようと思ってくれたみたい。もうこの辺からかな?

主治医に全てをみられて、情ぴかぴか(新しい)が湧いてきたのは・・・
posted by ぶげまま | 兵庫 | Comment(26) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年03月09日

PET初体験リポート

3月8日
PET/CTを受けに神戸まで電車

検査前4時間から絶食。お水・お茶はかまわないが、糖分を含むような飲み物はダメ。

私がお世話になるこの病院は真新しく静かなホテルぴかぴか(新しい)ってたたずまい。

「当センターは、高度で専門的な診断と治療を行う医療機関ですので、スムーズな診療を
行うため、他の医療機関の医師からの紹介・予約をお願いしております。」

という案内どおり、病院のザワザワ感が全くexclamationないのも納得。

まずは問診を受ける。そして説明。
PETでは、心臓・脳、液体の入った臓器、おしっこが通るところは不得意とする。
肺・乳房・リンパそして骨は得意なよう。
あとTV等でどんな微小な癌もといわれてますが5mmからでなければわかりません
と言われたもうやだ〜(悲しい顔)
水を飲みながら(ここでは500ml以上は飲んで排泄しより鮮明な画像を撮るとの事)
説明を聞いて血糖値・血圧を測った。

それから検査着に着替えて体重を測り18F−FDGというんですか?
糖分が集積されてるところを視るんだから糖分なんですかね?
体重にあわせた量を注入。ここでも針刺す時
「あの〜、反対の腕もみせてもらえますか?」
「でも昨日こっち使ったんで・・・」
「すみませ〜ん。」
と言われた。

そして50分の安静。
リクライニングシートにオットマン、ひざ掛け。1人1人仕切られて、暗い照明と
耳障りのいい音楽るんるん
「ああ〜。眠くなって・・・眠い(睡眠)
というところで起こされてしまった。
「トイレお願いします。」
「は〜い。」
1Lは飲みましたから・・・

そして検査。
見た目MRIと似たような感じ?
万歳の姿勢で約20分。最初は2回息を止めての撮影であとはそのまま。
皆さんはこのとき目を開けたりしますか?
私はなんか目にも悪そうでつむってるんですが
時々そ〜と目を開けてしまいます。レーザーのでるところに
「のぞきこまないでください」というシールが・・・
動いちゃダメって言われてるから覗けないけどね。
MRIのようなごっつい音はなく、まあモーター音のようなのはしてましたけど。
あっという間に終わってしまいました。

着替えが済むとお会計。26170円也ー!
昨日今日で何人の諭吉さんとお別れしたかしら?
あきらめに似たためいきをつきながらホテルのようなロビーをあとにした。
posted by ぶげまま | 兵庫 ☀ | Comment(33) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年03月07日

診察日

今日は久々の診察〜揺れるハート
乳腺外来の日だから患者さんいっぱい!でした。
でも年齢層高かった・・・

いつもの通り、
Dr.「どうですか、調子?」
ぶげ「ええ、ぼちぼちです。この1ヶ月の中盤ごろウエストから股関節にかけて
針でさしたようなチクチク感があったのと、朝手の指がぎゅー手(グー)しにくいです。」
Dr.「へ〜。」
ぶげ「へ〜って・・・チクチク感は転移の拡がりを意味するんですか?それとも
アレディアからですか?手はホルモンからですか?」
dr.「まっ、明日検査やもんねるんるん季節のもんってこともあるし。
手はすぐおさまるでしょ?」
ぶげ「はい。」
Dr.「次は4月になるけどPETの結果知りたいやんね〜。」
と、いいながら次の予約を入れる。
ぶげ「その日、無駄足ってことになりませんよね!わたしゃいやですよ。」
Dr.「だいじょーぶでしょう〜。」
ぶげ「悪い結果が出たら早く送ってくれるなんてないですかね?」
Dr.「いっしょやと思うわ。」

まあこんな会話が済んでゾラ注へ・・・
お腹をだして準備してると、
Dr.「ちょっと胸触らしてくれる?」
ええ〜、そちらから言うなんてめずらし〜。

両方の胸しっかり診ていただきましたよ。

相変わらず脇にしこりは見当たらず、胸も

「こんなもんかなるんるん

で衣類を整えてる時に「お友達の事なんですけど〜。」と言って、炎症性の手術の事、

ハーセプに関してなどダーと聞いた。

炎症性の場合、リンパにのって皮膚に浸潤してる可能性が高くそこは

放射線では叩き切れない。炎症性でも温存というのは術前の化学療法の効果が

どのくらいいいかという見極めと本人の希望との兼ね合いだということ。

あとハーセプについても

「うちはやってるけど。」

まあこの話はね、基本は再発前は保険適用外なのでこれくらいで・・・

今日はこの後先に会計を済ましてアレディア点滴に臨み、

病院を後にした時は6時すぎてました。
posted by ぶげまま | 兵庫 | Comment(8) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年03月03日

なんじゃいそりゃあ><!

PET検診、がんの85%見落とし…がんセンター調査(読売新聞)

 国立がんセンター(東京)の内部調査で、画像検査PET(ペット、陽電子放射断層撮影)によるがん検診では85%のがんが見落とされていたことが分かった。

 PET検診は「全身の小さながんが一度に発見できる、がん検診の切り札」と期待され、急速に広がっているが、効果に疑問符がついた形だ。

 PETは、放射性物質が含まれた薬剤を注射し、がんに集まる放射線を検出してがんを発見する装置。

 同センター内に設置された「がん予防・検診研究センター」では、2004年2月から1年間に、約3000人が超音波、CT、血液などの検査に加えPET検査を受け、150人にがんが見つかった。

 ところが、この150人のうち、PETでがんがあると判定された人は23人(15%)しかいなかった。残りの85%は超音波、CT、内視鏡など他の方法でがんが発見されており、PETでは検出できなかった。

 がんの種類別では、大腸がんが見つかった32人のうち、PETでもがんと判定された人は4人(13%)。胃がんでは22人中1人(4%)だった。

 PETによる発見率が比較的高いとされる肺がんでも28人中6人(21%)、甲状腺がんで11人中4人(36%)にとどまった。

 PETは1994年ごろから使われ始め、現在は100近くの医療機関が導入、多くでがん検診にも使われている。がん検診には保険がきかないため、10〜20万円程度の費用がかかる。日本核医学会の調査では、2004年9月の1か月間だけで4600人が受診した。PET検診と温泉ツアーなどをセットにした旅行企画も売り出されている。

 国立がんセンターの村松幸男検診部長は「PETでは『小さながんを見つけやすい』と言われてきたが、早期がんでは他の検査に比べ検出率が低かった。PET検診の意義は小さいのではないか」と話している。

 民間医療機関のがん検診では、がんのうちPETで検出されたのは64%、48%などのデータがある。国立がんセンターの超音波、CTなどを併用した検診では、がん発見率は一般の医療機関に比べ高いため、相対的にPETでの発見率が低下した可能性がある。


来週PET検査を控えてる私にとっては「なんなの〜?」
まあ初発を捜すわけじゃないんだからやる価値ありと
今でも思ってるんだけどね・・・
気分を変えてちらし寿司にかかりますか〜もうやだ〜(悲しい顔)
posted by ぶげまま | 兵庫 ☁ | Comment(17) | TrackBack(1) | 乳癌のこと

2006年02月27日

お願い

私ではないんですが、ハーセプ治療について知りたいお友達がいます。

関西で、再発・転移前にハーセプ治療をしている方もしくは知ってる方、

何か情報をお持ちの方がおられましたら教えて頂きたいんです。

コメントを書くで、アドレスをお教えいただければこちらから

ご連絡させていただきます。

よろしくお願いします揺れるハート
posted by ぶげまま | 兵庫 ☁ | Comment(27) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年02月08日

診察〜♪&Diner with my family

今日は外科の診察日。アレディア4回目(90mgは初めて)とゾラ2回目(1週早いけど)。

診察室に入ると、まずこの間の体の変化や気になる事をざ〜と言う事にしている。

左の胸自体の事、その上の鎖骨下の筋肉が気になる事を言った。

今日は主治医直々のエコー。

「抗がん剤、効いたよね〜。」

「でもこの前のセカンドのK先生のエコーで1.5cmありと言われたんですが。」

「う〜ん、これやね。1.8cm。まあ、誤差もあるから。でもこれだけやんね・・・

これやったら温存の範ちゅうやね。」

「はっ?先生?炎症性にそれに転移ありで温存も何もないやん?」

「そこやねん!ほんまにな〜!こんなに効いてんやからな〜!

でも炎症性でも考え方いろいろありで、転移ありでも今の状態ならまだしもなんだけど

局所コントロールで手術ってありなんよ・・・」

何をむしかえすんや・・・もう!

「先生、鎖骨下あたりは?」

「脇の下はみえんけど・・・鎖骨下もな〜。まあPETでその辺もはっきりするでしょう!

よっしゃ!デポ、持ってきて!」

上半身裸ついでにゾラ注射。もちタオルでカバーしてます。

注射後、2週間前の腫瘍マーカーの数値の結果をみる。

12月の分では5種類全て基準値内だったが、今回は1つ基準値をはずれ2つは下がってる。

肝心の骨マーカー、上がりも下がりもせず基準値内・・・

「先生、1つ上がってる。」

「まあ、疑陽性ってとこかな。これくらいっ!でも下がってるのもあるしなあ。」

で、次回は3月7日。この日にまたアレディアとゾラ。その次の日、PET。

そんな先まで病院来なくてよろしいの?なんかさみし〜。てか再発患者、こんな暢気で

ほんまにええの???


実は今日はだんなは会社に行かなかった。というのも、昨日会社に行ったら忌引きになってて

ただ働き!今日も忌引きが取り消せないと何とも解せない話。「そしたら休んで!」

ということに。義父母の子守を断ろうと思ったんだけど「行きます!!!」

「じゃあ、パパは実家の雑務に行って、じーじとばーばにみてもらおう。」

夕方、皆が揃ったし、義妹のご主人も帰りが遅いというからじゃあ夕飯行こう!と

いうことに。車2台連れ立ってご馳走になりました。

義父母からいただいたプレゼント。。。いつもありがとうございます。

でも来週義母も誕生日。。。

プレゼント.JPG
posted by ぶげまま | Comment(14) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年01月31日

私の炎症性乳癌について

このブログは手術目前の検査でみつかった骨転移からだけど、治療は昨年の6月末にさかのぼる。
炎症性はオレンジの皮のように、とか豚の皮のようにとかの所見がみられると言われるが私も例に漏れずだった。

平成16年7月 第2子出産
妊娠8ヶ月ころから胸が張る。特に左。だが、出産前にはある事だし、お腹も張り気味なので張り止めを服用。
当然、刺激になるおっぱいマッサージは厳禁。
出産後、母乳オンリーで育児。
上の子の卒園、小学校入学準備に追われる。

平成17年3月 生理再開
左のおっぱいはよく張ってるのにそろそろ母乳が止まるの?

       5月 発熱
もうおっぱいをやめようと思った。その熱はすぐ下がったし私の熱の後、子供も熱を出したので風邪かと思った。
この頃、主人の会社の健康診断を受けるが乳癌・子宮癌などは年齢が満たず。

       6月 助産婦さんを探してみてもらう。           マッサージしても左は透明の液体しか出ない。右は母乳がでる。もうこのころ断乳。乳腺炎を悪化させたと思ってた。この助産婦さんに外科的処置がいるだろうといわれ、個人の乳腺外科を紹介してもらい、その日の夕方に子連れ受診。
その日に触診・マンモとし、翌日そこで針生検。
3日と待たずに呼び出され、子供を膝に乗せての告知。
この時、すぐには切れない事・抗がん剤をする事・そののちも全摘は免れない事を聞いた。
が、炎症性という名は私から切り出した。
抗がん剤治療はやはり大きな病院じゃないとという事で、先生が前に外科部長をされてた病院に紹介状を書いてもらう。その場で・・・
翌日、今の主治医の初診察。
触診でしこり10センチとメジャーを当てられた時、もう死ぬ・・・と思った。
「その10センチは全部癌ですか?お乳は残ってませんか?」
と聞いた記憶がある。
抗がん剤治療開始と転移の有無を調べる為、入院することになった。
     
       6月28日〜7月2日 入院
初日、FEC投与。
3日目、骨シンチ・超音波・CT(上腹部)・マンモ
4日目、内科受診。原発性家族性高脂血症の投薬もはじめる。
5日目、検査結果。
第8肋骨に反応ありと、すい臓が腫れてるとのことだが転移はないだろうと
いわれる。事実、詳しくどちらも調べ直したがクリアー。
すい臓は高脂血症からくるもので、妊娠中も急性膵炎になったらあかんといわれずっと調べてた。この腫れも年末の検査では戻ってたらしい。

初めての抗がん剤。てっきり吐くのかと思い、洗面器を脇に置いて臨んだが
なんの音沙汰もなく終わる。
それより1日の息子の誕生日に帰れなかった事、病室が小児科に近くて夜になるとお子さんの泣き声が家にいる自分の子供の泣き声のような気がしてつらかった。

     

posted by ぶげまま | Comment(26) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年01月26日

主治医からの電話

いつも昼間にかかってくる電話なんてセールスぐらいしかない!

と思ってあいそもない声で電話にでると、主治医だった。

「〇〇病院の〇〇ですが・・・」

「えっ!私ですが、な、なんですか?」

「体調どう?」

「何ですと〜〜〜〜?何かでました?」

「ううん。いやPETの件でね(笑)やっぱり神戸は1ヶ月で大阪やったら

1週間でいけそうなんだけど、どうする?」

「アレディアの効果をみるんだったら1ヶ月先のほうがかえっていいかと思うんですが、

微小転移という意味ではすぐのほうがいいのかな?先生どう?」

「まあ治療方針は変わらないし、1度受けたらずっとそこで受けなあかんみたいなんで

神戸でええかな。」

という内容。

電話を切ってから、昨日のマーカー数値出たやつだけでも聞けば良かった!

(マーカー5種類のうち2種類つまりCA15−3とCEAはすぐ出るはず)

でもマーカーはもうなあ〜と思ってたんやし・・・

よくないから向こうもあえていわへんのかな・・・

もう電話きったんやからしゃあない、でもなんかあったか〜〜〜?

とうじうじ。

主治医からの電話はなんか嬉しいような怖いような・・・複雑ね。
posted by ぶげまま | Comment(22) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年01月25日

今日は強気です!

さあ、今日も病院行ってきました。

アレディア45mg、打ってきました。

その前に診察。。。

副作用の有無などの確認をしたりして、今日は何聞こうかな?と

思ってた。胸はこのままで?少し腫れてきたか?肩こりはリンパちゃうの?

と毎週同じような事を話すので、今日は変化球で!

「昨日、TVでPETやってたんですけど、あれで微小転移みつけるってのはどう?

どうも今、次の転移待ってるみたいな感があるから探し出してたたき殺したいんですぅ。

それに効果判定も骨はすぐ出ないし、マーカー、私信じませんから!!!」

ということで、PET、することにしました〜。

もちろんうちの病院はないんで先生に予約おまかせ〜!

再発するともう、少し早かろうが遅かろうがという意見もあるし、次の転移を

みつけて精神的ダメージはどうするとかあるんでしょうが

私は再発も早くみつけて早く手を打ちたい。

とことんやらんとあきらめられへんでしょ?

まあ、予約しても来月のいつになるのかわからないし、

今日は久々にマーカーを確認するため採血もし、同じ針で点滴した。

今度はアレディアも倍量の90mgでゾラはほんとはもう1週早いけど

揃えてやるということで再来週まで病院はない。

あっ!でも内科があったか・・・_| ̄|○
posted by ぶげまま | Comment(20) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年01月18日

アレディア2回目無事終了!そして・・・

今日はほんとは実家の母に娘を預ける予定が父のところに泊り込んでるので

またまただんなの父母に頼み込む。はずせない予定があったので娘も連れて

いってもらう。感謝・感謝。

今日は先日のセカンドの話と脳のMRIの結果だ。

アレディアの量に関しては、主治医は毎週してるから同じことだから、

でも来週が済んだら増やしていくからとの事。そしてゾメタの件。

「へ〜。3月承認かあ。」

知らんのかあ〜!

「3月になったら、出来ます?」

「ふん。でも病院にはいるんがいつかどうか・・・」

「えっ・・・。」

「いや、やろうと思ったら出来るよ。うん、やれる。」

頼むよ、せんせ〜〜〜い。

そしてセカンドの話からまた抗癌剤の話へ。

結局ね、最大の治療がしたいのよ。まあでもこれも予定どおりでやると

再確認。

そして、おとついの脳のMRIの結果。

もったいぶるな〜〜〜。

「へっ?いわんかった?OKやったよ。見る?」

初めて見る私の脳。

「きれいよ!」と先生。

「すかすかってことないですか?」と私。

笑う先生。

どんな苦境でも検査結果異常なしは嬉しい。

「じゃあ、やりましょか。ゾラ。麻酔する?そのままいく?」

初めてなんで一応麻酔しました。

「右でいく?左でいく?真ん中もありよ。麻酔の針、これなんやけどチクッとするよ。

した?でもこれからまた痛いんよ。きた?

はい。で、これがゾラの針。太いやろ〜?

でも痛くないよ。」

確かに・・・でもなんか言い方が、楽しんでない?

まあとにかく初ゾラ終了。はい、次アレディアいきましょ。

今日は泣かへんで〜。

やっぱり血管かたいらしく、針打つ時看護師さん、小声で

「かったー。」

って言ってた。


今日はトントンとやれた。でもセカンドのK先生からの書類、

みせてもらって、診察で話した事が書かれてたんだけど

5年生存率3%〜5%についてっていう文字をみて

そういやそんな事はなしたなあと思い出してしまった。

うちの主治医もK先生もそんな数字はあくまで・・・って

いってるけどね。

でも5年生きれたら、嬉しいな〜♪

生きるぞーーー!

さあ、これから母にお弁当作ってちょっくら父の病院に行ってきま〜す♪
posted by ぶげまま | Comment(29) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年01月14日

ぶげまま、明石へ行く。

明石新年会.jpg

カワセミさんを骨シンチの出口で待ち伏せ。
ここの病院はお見舞いで来た事がある程度なんだけど、
「こんなに小さかったっけ?」という印象を受けた。
私の診察が隣の為、近くでランチ♪
カワセミさんと話してるとあっという間だし、
私の緊張をほぐしてくれた。

診察・・・
K先生、「何が聞きたいですか?」
まあ聞いてたから無愛想でもいいさ。
「今私の状況における最大の治療法です。」
「ふ〜〜〜ん。骨だけなんやね。」
と持ってきたシンチやMRIのフイルムをみてる。そして紹介状も・・・
「アレディア、いつから?」
「おとついから、とりあえず45mgを3週連続で、あとは量を増やして隔週と
きいてます。」
「最初から90でやりゃあいいのに。最初にざーーと浸透させたほうがいいんだよ。」
「はあ。」
結局薬の投薬量に関してぐらいで治療方針は同じだった。
ホルモンが効くんだからやる、あと状況をみて抗がん剤にする。
どちらが先でもあとでも生存率は変わらない。ホルモンは緩やかだから
抗がん剤をやりたがる人多いけどね・・・だって。
そして、切ってない胸のこと。もう抗がん剤をやめて1ヶ月半になる。
大きくなってないだろうか?
エコーをする。
「浮腫はまだあるね。」
「何センチ?」
「1.5センチ。」
「これホルモンでいけるんですか?」
「まあきくかもしれんし。脇は・・・ふ〜ん、みえてないね。」
そして肩や鎖骨の痛みについて。
画像上はない。痛みが出るのは骨だけ。シンチで陽性反応がでるのは
溶けて再生しようとしてるから。ただ溶けっぱなしな所は反応がでない。
だからあるのかも知れない。でもわからないということです。
きりないというところでしょうか?

そしてK先生は骨に関して
「3月に新しい薬が出るから〜。」と教えてくれた。
それは、ゾメタというらしい。アレディアより効果的かも。
あとアバスチン、これは個人輸入でということであまり私の耳にははいらなかったけど
「先生、来年の3月、間に合いますかね?」
ていったら「今年の3月よ。だいじょーぶ!」
と笑われた。

私の感想・・・
確かに厳しいのかも知れないけど、やることは進むべき道は決まってるんだという事。
それが明確になった。

最後に「先生!夜もよろしくおねがいします。」といって席を立つと
「へっ?」と顔が緩んだ。
そして豆乳鍋をつついたりして先生や先輩乳癌仲間に元気をもらった。


posted by ぶげまま | Comment(34) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年01月11日

涙の理由

今日は9時から診察。

8時半に母と弟が子守に来てくれる。

駐禁予防の為、実家の車を運転。やっぱセダンのほうが心地いい。

今日はメモを持って診察室に入る。

Q.腰からくる痛みについて、やはり放治すべきか?                                  放治は痛みだけでなく、転移の改善になるならやるべきでないか?            

  痛みはがまんすることない。薬出しましょう。
     どんな感じ?えっ2,3時間買い物したら?そりゃあ〜自重して。
     座ってる姿勢より立つほうが楽だけど30分くらいちゃう?
     お風呂楽?そうでしょう〜。何回でも入って。そんな暇ないわな。
     (中略・あんまり長いんで)
     じゃあとりあえず、食後3回毎日飲んで血中濃度を高めると波が
     きても対応できるから。

Q.鎖骨も気になるんです。あと首の筋も・・・

     でも12月28日時点でクリアーしてるからいっくら早くてもないよ。
     その痛みも薬で一緒に改善されるから。

Q.あさって〇〇先生の診察受けるんですけど・・・
        
     ふん、ふん。ええんちゃう?    
     何時の予約?(カルテに時間を書いてた。日だけを書くならわかるけど)
     簡単な紹介状かくわ。そやな。シンチとMRI、用意するわ。
     他の先生の話聞くのもええよ。
     明石まで、痛い?痛み止め、今日のやつで行けるよ。

ざざっとこんな感じです。
あとはマーカーの話。あんなに下がって基準値なのに転移という結果。
もうマーカーは当てにならないわっていったら、
「そうなんよね、この見解がね・・・」
数値が夏からフルに載ってる画面をみて二人、沈黙。
これ、フルやからコピーしてもらう。
ではまた来週まで先生には逢えないけど(^^)/~~~

そう!今日はアレディア!ゾラは来週でした。一応アレディア初回なんで単発で・・・

いつも抗癌剤は外科の隣の処置室なのに、今回は自分で食塩水とアレディアを持って

採血室の隣の処置室に移動・・・主治医の診察の声が聞けない_| ̄|○

皆さんもそうかと思いますが、血管が固くなって悪戦苦闘。

なんとか入りベッドに横たわる。

これがあかん、初めてのアレディアということもあり目をつぶると色々考えて

涙が・・・こぼれそうだから目を開けなかった。でも開けちゃった。

そしたらポロッポロッとこぼれてしまった〜。

ハンカチ〜と思って反対の手を動かして鞄から出す。すると・・・

「いた〜〜〜」 

針刺してる腕も動いたせいかポタンポタン落ちずに急激に痛みが・・・

「すみませ〜〜ん」看護士さんを呼んでも気がつかない。

でも我慢できない、通るまで待つのは無理!う〜〜〜ん、ブザー押そ。

「ワ〜ン、ワ〜ン、ワ〜ン!」
すげーーー音。周りみんな驚く・・・どっからか「あっちのほうで誰か呼んでた!」

「5番ベッド!!!すぐみて!!!」とせわしない声。

看護士さん、すっとんで2人来る。「あっ!もれてるね。」

私、涙、まだ拭いてない・・・「痛かったね〜。ごめんね。ごめんね。すぐ冷やすね。」

「いいんです・・・」動いたなんて言えない。すぐ反対側の腕にチェンジ!

「涙が出るほど、痛かったのね。もれたのちょっとだけど痛いよね。ごめんね。」

いつも苦労して採血してくれるベテラン看護士をこんなに謝らせる悪い私・・・
posted by ぶげまま | Comment(36) | TrackBack(0) | 乳癌のこと

2006年01月04日

年明け早々ですが・・・

夏から半年、FEC4クール、タキソテール4クールと
抗がん剤治療をうけた。炎症性乳癌は胸がはっきりと
腫れたりするので、これも消えつつ腫瘍マーカーも
びっくりするほど下がってきたので、さあ手術よん♪
というところだった。実際入院日も手術日も決まってた。
私が術前にあれこれ検査をオーダーしなければ、
きっと切ってただろう・・・

骨転移の疑いといわれてから何だか痛いような気がして
今は確かな痛みがあると思う・・・
だってもんでもらうと気持ちいいんだもんるんるん
気持ちいいのは転移じゃないって誰や〜〜?って感じ。
第3腰椎というとこなんだけど、今日みたMRIの画像は
確かに影があったわ・・・バラバラッとね。
小さい1つが神経にさわってるらしいわ。
先生は放射線のことも触れたけど、もう少し痛くなったらと
いうことにした。
まずはアレディア。いわずと知れた骨が溶けるのをふせぐらしい。
本来は2週間に1回とか、慣れると量を増やして3週間に1回とかにも
できるらしい。私の場合、まずは3週間毎週やってみることに・・・

それからホルモン療法。私の場合、ER2+・PgR3+なので
これを使わん手はないかと。
まずは明日からノルバDを服用。1週間後受診で様子をみるみたい。
そのときゾラとやらをする予定。
ホルモン療法は骨にもかなり有効だといわれた。

そのうえで抗がん剤は?といったんだけど、ホルモンはれっきとした
全身療法だから今回はおやすみということに・・・
それからついでに脳のMRIもオーダーしてきた。
いわなきゃしないって、どうなん?やけどね。

今、ちょっと気になるのは近所の人や子供関係の知り合いに
なんていおうかな?ってことかな。
実家の母は電話口でも落ち込んだ様子がうかがえた。
だんなの実家はとりあえず飲んでるお茶をしっかり飲んで!
といわれた。
うちのだんなは風邪ッ気もあり寝たまま・・・
おいおいっ!元気だせよ〜〜〜〜!
posted by ぶげまま | Comment(35) | TrackBack(0) | 乳癌のこと
helicopter_01.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。